M-Stat 製造業統計分析サービス
Manufacturing Statistical Analysis Servise

KKE_corporate_logo_color_w200p.png
Minitab logo corporate - partner lockup.
AdobeStock_404775145_edited.jpg

Minitabを使用した統計解析

製造業の統計分析サービス

✔ 勘と経験に頼らず原因を究明

✔ データに基づき改善策を検討

✔ 改善の効果を定量化

レポート例.png

製造業統計分析サービスM-Statは、データを活用して統計的に問題の原因を探り、データに基づいた課題解決・改善活動を支援する技術コンサルティングサービスです。

​製造業統計分析サービスの事例資料を無料でダウンロードいただけます

資料見本.png
  • 品質管理部門での工程異常の特定の事例
     

  • 生産技術部門でのばらつきの主要因しぼりこみ
    歩留まり改善の事例

     

  • 設計開発部門での実験の負担軽減の事例

​こんなお悩みはありませんか?

製品の品質に重要な工程・パラメーターを特定できない
製造品の歩留まり低下の原因がわからない
不良品の原因となる工程が特定できない
測定器のばらつき要因が特定できない
改善の効果がわからないため、分析の必要性が理解できない
チョコ停を減らすための要因を特定できない
QC7つ道具だけでは不良が削減しない
不良改善が分析者の経験に依存している
実験データの活用ができていない
✔P値
が0.05以下にならないので、ばらつきの要因が特定できない

製造業統計分析サービスが解決します!

工程・パラメーターの効果を定量的に評価し、品質への影響を計算できる!

歩留まりに影響するデータから要因を探索できる!

計画的な実験で測定器の性能を評価できる!

製造データを使った統計分析で効果を確認できる!

工程データから不良の原因となる工程を特定できる!

設備の過去データからチョコ停の要因を特定できる!

最新の統計手法を用いて要因を探索できる!

データから様々な観点で統計的に要因を評価できる!

✓データを活用して実験回数を減らすことができる!

​✓要因
を相対的に評価できる!

​事例

​工程異常の特定と、対策の効率化
今まで手探りの調査に時間を要していた工程異常の主要因の特定が、要因解析を使うことで迅速かつ正確に行えるようになりました。
異常発生時のフォーマットを整備したことで、報告から対策までの時間が大幅に短縮されました。

お客様概要
【業種】医療・医薬品
​【部門】品質管理部門


課題
工程管理外れの報告と原因調査に多くの時間を要している悩みを抱えていた。
工程管理外れが発生した場合、グラフ分析による調査だけで終わっており、具体的な原因を突き止められないでいた。

​解決策
管理外れの工程データに対して要因解析を行い、異常発生の主要因を特定した。
この要因解析は複数の工程で行い、分析手順を記したフォーマットを作成した。担当者はそのフォーマットを使い、週次で作成しているレポートに要因解析による結果を記すことができるようになった。

事例1-1.jpg
事例1-2.png

​ばらつきの主要因を絞り込み、歩留まり改善
歩留まり低下となる主要因を見つけて、改善が必要なポイントが明確になりました。
大量のデータを1つ1つ見ていた作業が、重要な変数に絞ることで分析時間を大幅に減らすことができました。

お客様概要
【業種】工業用化学加工品
​【部門】生産技術部門

課題
生産技術部では、歩留まり低下の問題を抱えていた。化学加工品は製造工程が長く、変数の数が多いため、データから因子の絞り込みが出来ないでいた。従来のグラフ分析や回帰分析では主要因がわからない状態だった。

解決策
製造工程のデータに対して多変量向けデータ分析手法を適用し、歩留まりの低下となる主要因を見つけ出した。

30を超える変数に対して主成分分析を適用し、ばらつきの主要因となる変数を5つほどに集約した。通常の回帰分析では得られなかった因果関係が確認できた。

またカテゴリ因子をもつデータに関してはクラスター分析を行い変数のグループ分けを行い、変数の絞り込みの考察に活用した。

事例2-1.png
事例2-2.jpg

​再実験の負担軽減、統計分析の普及
歩留まり低下となる主要因を見つけて、改善が必要なポイントが明確になりました。
大量のデータを1つ1つ見ていた作業が、重要な変数に絞ることで分析時間を大幅に減らすことができました。

お客様概要
【業種】半導体
​【部門】設計開発部門

課題

過去の実験データを利活用できないことに悩みを抱えていた。

過去の実験は実験計画法に従わない実験が含まれており、要因解析の結果に影響を及ぼしていた。因子が交絡しており、それぞれの主効果を見積もることが出来ずに、繰り返し実験を行っていた。



解決策

過去実験データに要因解析を適用することで、計画に従わない実験からばらつきの主要因を特定した。

主効果を見積もるために要因解析を実施した。計画に従わない実験は因子が交絡してしまうので、交絡状態における注意点をレポートに加えて、他の実験データにも活用できるようにレポートをベースとしたトレーニングを実施した。

事例3-1.jpg
事例3-2.png

​製造業統計分析サービスの流れ

サービスの流れ_吹き出し.png

お客様に合わせた製造データの分析・レポート報告を行います。
製造業のお客様と長くお付き合いし培ってきた分析ノウハウで改善案や報告書をご提示するサービスです。

  • データはあるけど活用できていない

  • 既存の手法ではなく、他の統計手法を適用して原因探索を行いたい

といったご要望にお答えする統計コンサルティングです。

レポートを提示して終わりではなく、お客様ご自身が継続して改善できるように

「なぜこのような結果になったのか」という教育や規格の決め方など深く入り込んだ統計コンサルティングを提供します。

場当たり的な改善ではなく、底上げをサポートできる弊社ならではのコンサルティングです。

​製造業統計分析サービスが選ばれる3つの理由

選ばれる理由.png

​統計ソフトMintiabについて

統計解析ソフトMinitabは、米国Minitab LLC.で開発されたソフトウェアです。

1972年に開発され、長きに渡り製造業を中心とした統計的工程改善を支えてきました。

特に、実験計画による研究開発/試作時の最適な製造条件の決定や、統計的品質管理による製品の品質照査を得意とします。

世界の製造現場のみならず、改善・シックスシグマ活動に取り組む企業で使われているグローバルソフトウェアです。
最近では、機械学習・予測分析のソフトウェア「Salford Predictive Modeler」を買収し、機能の一部をMinitabに実装しています。最新のハイエンドな統計手法を簡易な操作で実行できるのはMinitabならではの特徴です。

図1.png
MSS_NEW-012920.gif

​私たちについて

構造計画研究所は、「大学、研究機関と実業界をブリッジするデザイン&エンジニアリング企業」として、

社会のあらゆる問題を解決し、「次世代の社会構築・制度設計」の促進に貢献してきました。
アカデミックな工学的ソリューションの支援を始め、シミュレーション技術やデータ処理など、

業界問わず幅広く研究開発やお客様の業務の課題解決に貢献してきました。

弊社Minitabチームは、Minitabが日本語対応した2004年から取り扱いを開始しました。

Minitab社公認の製造業の統計専門家として、15年以上の経験、高い専門性を活かし、

ソフトウェアの販売だけでなく、統計トレーニングやコンサルティングを行っております。

その場の課題解決だけでなく、お客様自身で継続改善いただけるよう

​本質レベルのサービスを提供致します。

​無料資料ダウンロード

​製造業統計分析サービスの事例資料を無料でダウンロードいただけます

資料見本.png
  • 品質管理部門での工程異常の特定の事例
     

  • 生産技術部門でのばらつきの主要因しぼりこみ、
    歩留まり改善の事例

     

  • 設計開発部門での実験の負担軽減の事例

同意して送信すると、Cookieにより当社のWebサイト上における閲覧履歴と個人情報を紐付けて把握、分析する場合があります。

 

株式会社 構造計画研究所
品質安全デザイン室 Minitabチーム

minitab@kke.co.jp
〒164-0012 東京都中野区本町4-38-13 日本ホルスタイン会館内
( JASDAQ上場スタンダード:4748 )
会社概要

Copyright © KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc. All Rights Reserved.