統計・データ分析トレーニング

不定期開催 手法別コース

​予測分析コース(1日) 50,000円

こんな方におすすめ:予測分析の基礎を学びたい方、回帰分析・機械学習を実務で使いたい方
※当日は基本的な内容からレクチャーしますが、基本統計(1サンプルt検定、検出力、P値)の知識を必要とします。
 

開催

2021年8月5日(木)10:00 ~ 16:00 (昼休憩 12:00 ~ 13:00)

開催方法:Zoom

お申込み締め切り:7月28日

予測分析コースの概要
予測分析の基礎となる分散分析・回帰と、実践的な決定木を学びます。

どのようなときに各分析手法を使うかという判断や、分析結果の解釈、Minitab操作を習得できます。

決定木とは

予測を行うデータ分析手法の1つです。
枝分かれで結果が表示されるので、学習結果を理解・解釈しやすいのが特徴です。
特に数千から万届くような大規模データにも有効です。

プログラム(予定)
・回帰、分散分析
 回帰分析とは
 回帰分析の様々な手法
 例題1:回帰分析 -単回帰、多項式-
 例題2:回帰分析 -重回帰分析- 

・機械学習
 機械学習とは
 統計と機械学習の違い
 機械学習の様々な手法

・CART(決定木)
 CARTとは
 分類木と回帰木
 例題3:分類木
 例題4:回帰木 

 

本トレーニングは統計の基礎知識(検定、検出力、P値)を必要とします。

検定、検出力、P値から学びたい方は、基礎コース(エッセンシャルズ1)の受講をオススメします。

開催 2021年7月20日(火) 10:00 ~ 17:30​

注意点

  • 本セミナーは統計解析ソフトMinitab 20を使用します。
    受講には、CART機能が搭載されているMinitab 19.3以降のバージョンが必要です。

  • Minitab 20は、こちらからMinitabライセンスをお見積り依頼、ご購入いただけます。
     

  • Minitab 17, 18, 19シングルユーザーライセンスをお持ちの方は、ライセンスとトレーニング同時発注でお得に!アップグレードキャンペーン
     

  • 受講マニュアルはトレーニング1週間前を目処にpdfでお送り致します。​
     

  • 受講時は、講師画面と操作画面の2ディスプレイを推奨します。