検索
  • Minitabチーム

Minitab による検出力分析

SpeakerDeckへの記事アップロード第5弾は検出力分析です。


検出力分析では、「検出力」「(例えば平均間の)差」「サンプルサイズ」 これら3要素の関係を調査します。


製造業において全数検査ができない場合は、サンプルサイズを決定する必要があります。


今回は検出力の説明から始まり、例として

検出力0.8に対し、信頼水準99%で、(平均の目標に対する)差3を検出する検定 を実施するには、どれくらいのサンプルを収集する必要があるかをMinitabで分析します。







11回の閲覧

​​株式会社構造計画研究所

Copyright © KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc.