• yuya-ito

Minitab21.1新リリース内容

最新のMinitab Statistical Softwareバージョン21.1がリリースされました。

新しく追加された機能をご紹介します。


  1. 自動分析機能の追加

  2. 信頼性分析のアップデート

  3. グラフビルダーのアップデート



■自動分析機能の追加

Minitabには予測分析機能が複数搭載されています。

一般的な回帰分析機能から、CART機能(決定木)、最近搭載されたランダムフォレストやTree Netがあります。


これら手法にはそれぞれ特徴があります。ただ、どういったデータ・業務にどの分析が適しているかどうかは、分析してみないとわからないケースが多いです。

そういった悩みを解決するのが、今回追加された自動分析機能です。


2値応答又は連続値応答に対して、次の4つの分析を適用することができます。

  • 回帰モデルの適合

  • CART® 回帰

  • TreeNet® 回帰

  • Random Forests® 回帰

分析者はどの分析方法が最適化を判断でき、より予測精度の高い手法を簡易に見つけることができます。


もちろんそれぞれの分析結果から、モデルの作り込みも可能です。

例えばTreeNetを使用したときに、どの程度の精度を持っているか一覧で確認できます。


特に工程が長く、大量の因子から主要因を絞りたい場合や、予測の精度を向上したい時に使えます。


※本機能は予測分析モジュールを購入する必要があります。

予測分析モジュールとは



■信頼性分析のアップデート

信頼性分析にCox回帰手法が追加されました。

Cox回帰はある現象の発生にかかる時間を、いくつかの変数から影響を調査できます。

比例ハザード回帰としても知られています。




例えば、病気の発生に影響を及ぼしている変数を信頼性分析のデータから絞り出すことができます。




■グラフビルダーのアップデート

変数を入れることで様々なグラフを作成できるグラフビルダーに、確率プロットが登場しました。

例えば複数製品のデータがどのような分布に従っているか可視化したい場合など、直感的に操作しながら確認できます。



結果にはP値が表示されるので、分布の当てはまりの検定が同時にできます。




Minitab21.1へのアップデート方法


Minitab.comにアクセスします。(https://licensing.minitab.com/)

右上のマイアカウントをクリックします。


メールアドレスとパスワードを入力してログインします。

(アカウントがない場合は「アカウントを持っていない?登録しましょう」から新規登録してください。)




ダウンロードをクリックします。


「デスクトップアプリのダウンロード(ライセンスが必要です)」にチェックを付けて、ダウンロードをクリックします。


ダウンロードしたファイルを開き、インストールを行います。

※Minitab 20と21は共存できます。


年間マルチユーザーのお客様は、Minitab21用のライセンスに更新する必要があります。

貴社ライセンス管理者様にお問い合わせください。

参考ページ:マルチユーザー様向け Minitab 20へのアップグレード手順


何かご不明点がありましたら、Minitabサポート minitabtech@kke.co.jpまでお問い合わせください。

84回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

事務所移転のお知らせ

この度、弊社は事業拡大に伴い、令和2年7月27日より事務所を下記に移転する事になりました。 今後ともご指導とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 新住所 株式会社構造計画研究所 中野坂上別館 〒164-0011 東京都中野区中央1-38-1 住友中野坂上ビル 5F FAX : 03-3367-1011 まずは移転の報告とさせていただきます。 (フロア移動につき、9月2日再編集しました